20年度1次隊バヌアツ派遣・小学校教諭・石川さん

こんにちは。今年の6月末に、青年海外協力隊として南太平洋にあるバヌアツに
派遣中の石川友美です。「小学校教諭」として「マラクア島 ラカトロ小学校」にて
算数の指導にあたっています。

1、バヌアツ

「位置」

南半球にあり、オーストラリアの東上に位置し、
日本と同じように島国で83島からなっています。

「気候」

亜熱帯性にあたり、真冬のこの時期にも日中は30度近くになります。

外にいるだけで汗がでてきます。

「食生活」

ここ周辺の国には、日本の醤油や味噌の代わりにココナッツミルクが中心の味付けに
なり、ほどよく甘みがありとてもおいしいですよ。さらに、家の前には、パパイヤの木
後ろにはマンゴーの木が自然に生えていていつでも収穫できます。

野菜も果物も日本ほどの種類があるわけではりません。本当に限られている数種類の野菜が
食生活の中心になります。

ただ、本当にその場で取れた野菜、果物でフレッシュそのものです。

また、この国独特の食物では、「ラップラップ」といって、バナナや芋を重ね合わせたバナナの
葉で包んで、蒸焼きにするものがあります。仕上げにココナッツミルクをかけるのですが
本当に、おいしいです。5人以上で食べることが多く、直径50cmぐらいあります。

2、ラカトロ小学校

「時間割」

なんと、1コマあたり90分授業です。日中は暑く集中力がもたないため、
ほとんどの学校が算数と語学(英語もしくはフランス語)を月曜から金曜まで午前中に行います。

授業は7:30から始まり、
11:30から13:30まで昼休みと昼食でいったん帰宅し、再び13:30から4:00ぐらいまで学校があります。

「生徒と授業」

1クラス約28人前後で各学年1クラスです。

教科書を生徒一人一人もっていないため、学校にある教科書のコピーを
2人で共有して使っています。午後は、農業、海、歴史等の教科を曜日ごとに学習していますよ。

写真は農業の授業で学校の畑に行ったときももので、バナナの木々がたくさんあります。

子供は本当に元気で、日本の子供と同じように休み時間は、女の子はおしゃべり、
男の子は外で遊んでいます。

いっつもニコニコして、いたずらばっかりで本当に子供が生き生きしてます。